店舗・ブログ限定でご紹介! 奏でる色彩フェルナンブーコ染

夢訪庵 桝蔵 九寸名古屋帯

いつもブログを閲覧頂きありがとうございます!

京都きもの市場和の彩バイヤー吉澤でございます。

木曜日に引き続き今日は真面目モード・・・

今回はちょっとスペシャルなお品をご紹介!

 

残念ながらネットでお値段を出してのご紹介はできかねますが・・・

いつものようにタイトルを付けるなら、

 

【夢訪庵・桝蔵 順彦】作 フェルナンブーコ染め余呉紬着尺 「Isn’t she lovely」 草木の奏でる色彩のメロディ。

 

夢訪庵 桝蔵 紬

 

『夢訪庵・桝蔵 順彦』

世界各国の素材を使用し、草木染めのみで手織りで織り上げるセンス物をお作りされているお方。

普段お話していると陽気な近所のおじさんなんですけど・・・笑

じつはこの方、『美しいキモノ』にも数多くの作品を提供されておりめちゃめちゃすごい方なんです。。。

 

今回のご紹介させて頂くお品は桝蔵氏が織り上げた草木染手織り紬。

素材として使用された紬糸は、

滋賀県は余呉の名産品である琴糸に使用される糸を吐くお蚕様から、

一糸一糸手引しその柔らかさ、ほっこりとした印象は本場結城紬を超えるほどの柔らかな手触り。

 

その糸を弦楽器奏者の方であればこのお名前をご存知かもしれません。

絶滅危惧種でありワシントン条約でも国際的な取引を制限されておるフェルナンブーコを使用し草木染めのみで染め上げたお品。

フランソワ・ザビエル・トルテ(弓づくりの職人)(生1748年~没1835年)が弓づくりをする中で、1780年頃に出会い、

実際に弓として使用されるようになった。最高級の木材がこのフェルナンブーコでございます。

 

琴糸のお蚕様に良弓の草木染。

まさに”音”を染め上げたお品と言っても過言ではないでしょう。

15日までは商品が京都店にございますので、是非とも一度見に来て頂けますと幸いでございます。

 

トップの画像はフェルナンブーコ染めの生地に刺繍を施した九寸名古屋帯でございます。

 

夢訪庵 桝蔵 九寸名古屋帯

 

うっとりと引き込まれるようなお色味に美しく繊細な刺繍。。。

絶品でございます!!!

 

また週末9/13(金)と9/14(土)には桝蔵氏の講演会もございます!!!

詳しくはこちらから!!!

 

商品の詳細は電話でもお問い合わせ頂けます。

フリーダイヤルでのお電話では和の彩バイヤー吉澤をお呼びくださいませ!

0120-188-008

もちろん直接携帯にお電話頂いてもOKです!

090-8828-2371

バイヤー吉澤の過去ブログはこちらから!

 

本日も長々とお付き合い頂きましてありがとうございました。

京都きもの市場 吉澤 和幸

The following two tabs change content below.
「和の彩」 吉澤和幸

「和の彩」 吉澤和幸