コーディネートのお勉強会「レトロを愉しむ」…と、催事中に思うこと。

いかがお過ごしでしょうか。
京都店実店舗 今井でございます。


現在開催中の京都店催事「初売」は、たくさんのご来店をいただいております。


年始から本当に有難く、とても恵まれている店だな…とつくづく思っております。
店舗運営に関わらせていただいているものとしては、この上ない喜びを感じる時間…

また、お耳にされている方も多いと思いますが、いろいろあった先週でした。

変わることのないおきものの素晴らしさと、
ものづくりに掛ける担い手の情熱や想いを伝えることの大切さを、
より一層の信念と誠実さを持って携わらなければならないと、
改めて感じ、いろいろと想いを巡らせる出来事でございました。

当方もまだまだ至らぬ部分が多くございますが、
出来る限りご期待やご要望にお応えできるように、
日々精進してまいりますので今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

さて本題です。
今週は、自分の感性の原点「古典主義・懐古主義」のコーディネートでいってみました。
(要訳すると自分の好きなコーディネートですね…)


△成謙の京友禅付下げに、梅垣織物の西陣織袋帯

色彩の感覚を延長線上に並べてのコーディネートは、自分が大好きな合わせ方のひとつです。
付下げの竹笹の静かな意匠に、統一感のある色彩の波車の古典意匠…


△秦荘紬に、岡重の塩瀬九寸帯

絣の連続柄は、ひとつ間違えると野暮ったい感じに映ってしまうのですが、
染め帯で合わせて、織と染めの表現力の違いを使って、コーディネート纏めるのもひとつの方法…

余談ではございますが、千鳥の柄が大好きです。
波千鳥の柄は、夏のイメージが強いかも知れないですが、個人的な見解は「夏も冬も大丈夫」です。
俳句の世界では、冬の季語として使われます。
(↑当方、俳句の見聞自体は狭いです。)
冬の海の上に飛ぶ千鳥の景…侘び寂びの世界観ですね。
(↑すいません…これも先だってのブログと同様に受け売りです…)

古典柄の中でも、とても心惹かれる意匠です。
伝え継がれる美意識を、誰かと共感できるのもこの仕事の醍醐味。
自分の携わっている仕事であり、自分自身が気がついたときには大好きになっていたおきもののことを、
少しでも伝えられるように…

とはいいつつも、コーディネートは本当に千差万別で、人それぞれの部分も多いです。
古典に囚われすぎることなく、感性と個性は大切にして、
一人でも多くの方に、お着物姿を楽しんでいただきたいと考えております。
掲載のコーディネートは、どうぞご参考までに…
(ただ、今回の2点は、自分自身のなかでは「良い出来である」と思っております!)

寒さが厳しい日が続いておりますので、どうぞ皆さま体調管理には、いつも以上にお気遣いを。
それでは、次週もどうぞよろしくお願いいたします。

2 件のコメント

  • 本当に見事なコーディネート、いつも納得させられてばかり。
    特に最初の写真の付け下げが私好みです。
    絣柄の着物、私は似合わないのです。でも染め帯と合わせて着てみたいと思うのは、今井マジックでしょうか。
    又、時間のある日に覗きますね。

    • 宮城いづみさま
      コメントありがとうございます。
      表情豊かな染ね帯を締めている着物姿を拝見すると心が弾みます。
      お忙しくお過ごしのなか、ご感想いただけること本当に嬉しく思います。
      お時間見つけて、いつでもご来店くださいませ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です