コーディネートのお勉強会…と京都店のお仕事。

いかがお過ごしでしょうか。

京都店実店舗 今井でございます。

 

先週は、東京の有楽町におり、一週間ブログを休載させていただきました。

週明けに京都に戻り、通常業務に…週末にようやく陳列にも手を付けられることが出来ました。

 

大好きな店の陳列をしていると、やはり心が落ち着きを取り戻します。

 

少しでもきれいな状態でお出迎えして、きものや帯の魅力を感じていただけるように…

日々の業務に追われることもあるかも知れませんが、

やはりその部分は店づくりの大切な部分…精進しようと思う次第です。

 

さて、それでは本題に移りたいと思います。

今回のテーマは「野口」の付下げです。

(すいません、ちょっと偏ったテーマとなりましたが、実は京都店の新入荷の商品です!)

 

野口ならではの心奪われる色彩美と意匠美…

雪輪文の付下げに、紋屋井関 御寮織の袋帯。

柳柄の付下げに、唐織司 山口正夫のうろこ文の袋帯。

 

オーソドックスなあわせ方になってしまいましたが、ふたつとも個人的には納得のコーディネート。

 

自分の好きなきものに帯を合わせて、しっくり来るものが見つかると、

諸先輩や上司に気付かれないように、合わせて飾っておりました。

(↑多分、ご存知だったんでしょうけど…)

今となっては、修行時代の懐かしい気持ちになる思い出のひとつです。

そんな少し昔(←ちょっと前ですね…)のことを思い出してみた週末となりました…

 

秋の京都は色々なイベント事も多いので、お近くにお越しの際は、京都店にお立ち寄りください。

ひと休みや気分転換も大歓迎です。大したおもてなしは出来ませんが、どうぞお気軽に…

皆さまのご来店を、スタッフ一同、心よりお待ち申し上げます。

 

それでは、次週もどうぞよろしくお願いいたします。