丹後ちりめん研修、行ってきました!

こんにちは。きもの市場の吉岡です。

昨日、社内の者と連れ立って染め生地の産地として有名な
京都、丹後地方の織元へ見学に行って参りました。

「京友禅」や「東京友禅」、「十日町友禅」などの
各地の染物の生地に用いられる丹後ちりめん

ついついその染めの仕事に目が奪われがちでしたが、
やはりその染めが映えるかどうか…
生地の重要性を改めて感じることができました。

伺うところによると、各地の染めのメーカーさんの依頼があって
希望されている光沢感や色の発色具合、もちろんコスト面など
様々な要望に合わせて、糸の「撚り」具合を加減し、地模様を変え、
多様な生地を織り上げているそうです。

これが糸に撚りをかける「撚糸機」の一部。

こちらは、織り上げる前に糸を反巾分巻き取る機械…の一部です。

この細い糸の一本一本を大切に扱って織られていました。

これまで何気なく見て、触れていた生地にも
これほどのこだわりが詰め込まれていたことを知ることができ、
非常に良い機会でした。

まさに、様々な染物の美しさを支える「縁の下の力持ち」といったところです。

補足ですが、丹後ちりめんは着物生地の他に、帯用の生地、
帯揚げの生地、さらにそれぞれの夏物や先染め御召の生地など…
他の白生地産地に比べても、実に多様な生地を織ることが出来ることも
大きな特色だそうです。

皆様も、今後美しい染め物をご覧になられた際には
その生地にも少し目を向けてみてはいかがでしょうか…

The following two tabs change content below.
「ゆめころも」 吉岡駿

「ゆめころも」 吉岡駿

「ゆめころも」 吉岡駿

最新記事 by 「ゆめころも」 吉岡駿 (全て見る)