9月の花だより/本日は重陽!

今日はなんの日?

ふっふっふー(古い?w)、

という感じで始めさせて頂きます。

皆様、ご機嫌いかがでしょうか?

京都きもの市場「おかげさん」のバイヤー畔地(アゼチ)でございます。

少し秋の気配が漂ってきましたね。

このブログをお読みになる読者の方は、よほどの善男善女か、大変美しい(と勝手に想像してみる)有閑マダムの方々でしょうか。

いつもアンニュイみたいな。

 

さてさて、本日9月9日は「重陽」の日でございます。

いわゆる菊の節句というものですね。

各々が菊の花を持って踊るイベント…ではございません!

 

五節句の一つでございまして、陰陽思想では奇数は陽の数であり、一番大きな数である「9」が重なる日である重陽は大変におめでたい日なのでございます。

何故か?

それは不老長寿を願うイベントだから。

菊の花は邪気を払うと古くから考えられており、菊の花を愛でたり、料理やお酒に散らしてみたりして、とにかく秋のイベントをみんなで楽しもうという会でもあるのです。(もちろん踊ってもOK!)

落語「子ほめ」でも、子どもがおじいさんに似ていると、長命の相があってよろしいというような趣旨のセリフが出てまいりますが、やはり長生き、または長生きするであろうということは喜ばしいことなのです。

昔、お菓子のCMで「将来の夢は?」と聞かれた凡庸そうな子どもが「長生き…」と答えておりましたが、真理を答えていたのだなぁと最近になって思い至りました。

季節感が薄くなってきた今日このごろですが、暦や花、食べ物などで再確認するのも楽しいですね。

 

秋の色柄を集めてみました!

https://www.kimonoichiba.com/products/list.php?k_cid=Ev171&tpbn=20200901akigara

お気に入りのお品をぜひ探してみてくださいませ!

 

そうそう、重陽は大人のひな祭りの日でもあるそうですよ。

子どものためのひな祭りは3月3日ですが、大人のための健康や長寿を祈るためのイベントは重陽に行うのだそう。

人形を虫干しする、よい機会でもあるのですね。

それではまた次回お会いしましょう!

畔地(アゼチ)でした!

 

The following two tabs change content below.
畔地貴之 「おかげさん」

畔地貴之 「おかげさん」

畔地貴之 「おかげさん」

最新記事 by 畔地貴之 「おかげさん」 (全て見る)