【絵絞庵】―繋ぐ―⑤

いつもありがとうございます。
鈴木幸枝です。

早いもので、もうすぐ11月を迎えます。

 

 

辻が花染め工房【絵絞庵】さんについて、

最後は、わたくしが感じたことを
お伝えさせていただきたいなと思います。

 

☆過去の投稿はこちらより

 

 

自然溢れる場所で養われた、豊かな感性。

お二人だがらこそできる作品。

【福村 廣利】氏

 

「解いて出来上がった時が絞りの楽しみの一つ。」

 

廣利さんの溢れる笑顔からは、
本当に好きなお気持ちが伝わってまいります。 

 

【福村 健】氏

 

「わが子のように、大切に想っている。
 だからこそ大切にしてほしい。」

 

「女性を美しくみせる仕事をしたい。

 柔らかいものに包まれているように、
 身に纏った方が、やさしい雰囲気になる。」

 

言葉の一つ一つからは、
偽りのない誠実さが伝わってまいります。

 

飾らず、ひたむきに、
ただただ、ひたすらに向き合い、
正直にありのままに。

 

 

「昔と違って年々厳しくなっていく中で、
時代にあった新しいものを生み出し、あとに繋げてほしい。」

 

父から子へ、想いを託し繋がっていく。

 

正直な言葉は、
飾られたどんな言葉よりも、心に響きます。

 

●ご家族みんなでつくったお振袖
奥様のお着物をモチーフに、廣利氏が下絵、健氏が墨書きを。

 

一つ一つの工程をバトンのように繋ぎ、
みんなで一つのものを作る。それは、何倍もの力となります。

 

 

お着物も、
母から子へ、そして孫へ伝わっていく。

 

             

 

いつも応援してくださっているお客様が教えてくださいました。

 

「お着物は、自分ひとりのものではなく、
代々守り繋ぐものであること。」

全てに繋がっているように感じます。

 

 

こんなにも優しく、
愛に溢れたお着物たちに囲まれ、

とても幸せな気持ちにさせていただいたことに、
心から感謝いたします。

 

お召しになる方が、
ふわりと柔らかく、優しい気持ちになるような、
愛が溢れる作品たち。

 

みればみるほど、
好きになる絵絞りの世界。

 

一生大切にしていただける方、
その心を受け取っていただける方のもとへ
お届けできますように願っております。

 

*******************************************

●少しずつですが、11月より
サイトにご紹介させていただきます。

●第66回日本伝統工芸展に、
絞り染め訪問着 【福村廣利】氏 「八瀬の里」
が入賞なさいました。

※大阪展 2019年11月6日~

 

 
●宇宙の作品

14.5年前から、宇宙の作品を制作されております。
「星の光が、絞りの丸の光とよく合う。」
とおっしゃられておりました。

※作品については、
お問合せください。

 

英訳:テーガン・ムート


Thank you for visiting the Kyoto Kimono Ichiba blog.
This is Suzuki writing.

November is nearly upon us…. How time flies!

At the end of the Eshiborianne blog series, I’d like to sum up my my thoughts and feelings.

 

☆Link to the previous blog post

The rich senses fostered by the abundance of nature.

The creations that only these two can make.

【Fukumura Hirotoshi】
‘They are precious to me, like my own children. That’s why I want them to be treasured’

【Fukumura Takeshi】
‘I want to create works that make women appear even more beautiful. The people who wear these creations become more gentle, as if they are wrapped in a soft cloth’

From each and every word, the honest sincerity is apparent.

Spoken frankly without any thrills. Earnestly and intently.

‘It’s becoming harder to keep the craft going compared to the past, but I want to pass it on to the next generation by creating new pieces that suit the current times.’

From father to son. Connecting and passing on those feelings towards the future.

Frank and truthfully spoken words have more impact than fancifully arranged words.

●The furisode (long sleeve kimono) that the whole Fukumura family created.

Hirotoshi sketched the draft based on his wife’s kimono, and Takeshi drew in the ink pattern.

Each step of the process was completed like a baton relay. Each person did one step before passing the baton on.

Kimono too, are passed on from mother to daughter, and even onto granddaughters.
One of our loyal customers told us this.

‘Kimono aren’t just something for one person; they are something to be protected and passed on’.

It seems like everything is connected.

I’m grateful to have been able to be happily surrounded by these gentle kimono which were made with love.

These creations that make the wearer appear soft and gentle.

The more you look at them, the more you grow to love the world of tie-dyeing.

I hope to deliver such creations to people who will treasure them, and understand the meaning behind them.

 

**************************

●We will soon be slowly uploading Eshiborianne’s creations on the website.

●Fukumura Hirotoshi’s creation, ‘The village of Yase’ received an award at the 66th Traditional arts of Japan exhibition.

※Osaka exhibition will take place from 6/11/2019.

● ‘Universe’
Eshiborianne have been creating this series of work since 14.5 years ago.

‘The light of the stars suits the round light of tie-dyeing really well’

※ If you are interested in any of the pieces, please send us an enquiry.

 

English translation: Tegan Moot

The following two tabs change content below.
鈴木幸枝「伝統の美」

鈴木幸枝「伝統の美」