【絵絞庵】―調和―④

 

いつもありがとうございます。
鈴木です。

 

太陽の日差しが心地よく感じるようになりました。

この場所からの比叡山の景色が大好きです。

 

さて、
本日は、【絵絞庵】さんの制作工程についてお伝えいたします!

 

桃山時代の一時期にだけ花開き、
途絶えた幻の染め、辻が花。

 

福村廣利氏は、故・小倉建亮氏に一番弟子として師事され、10年後に独立。
その後、健氏とともに、親子で制作なさっております。

 

☆過去の投稿はこちらより

 

 

福村廣利氏

「最初から最後まで自分ですることが楽しさの一つ。」

「やっている人が少ない。おもしろいものがたくさんできる。」

 

と、いつも楽しそうに、説明をしてくださいます。

 

まずは、デザイン。
自然溢れる工房近くの花や植物がモチーフに。
ぱっとインスピレーションが湧くそうです。

 

●図案 

 

 

●下絵 

「下絵は≪命≫だから…」

何度も何度も微調整のために、
書き直しのあとが。

 

     

●糸入れ

下絵の線に沿って一針一針縫い進めていきます。

完成した作品を拝見しますと、
絞りのための、糸入れ後の小さな穴がみられます。

 

☆ちなみに、こちらの作品(左上の写真)は、現在制作を依頼している1点です。
完成が大変たのしみ。  

 


●絞る

●浸け染め

 

●染料の写真
※ワークショップ用の染料

使用されるお水も井戸からくみ上げております。

絞る⇔浸け染め
色ごどに繰り返していきます。

 

   
●解く ※現在制作されているネクタイ

細い糸の小さな玉結びを切って、解いているところ。

「ほんとうに細かい作業なんです。」

とおっしゃられながら、度の強い眼鏡につけかえて、
再び作業に。

●蒸し

●水洗い

●湯のし

 


●墨書き

 

完成するまでに、
どれほどの技、時間、精神が必要か。

時間をかけて、手間暇かけて、少しずつでも
納得したものづくりをされていらっしゃいます。

 

 

線ではなく、すべてを絞りで表現するからこそ、
浮かびあがる、やわらかなライン。

 

 

枠を越え、

異なるものが混じり合い、調和し、
生み出される美しさ。

 

不思議なことに、

1回目みた時より、2回目…

見れば見るほど魅せられ、
知れば知るほど
どんどん世界が広がっていくのです。

 

 

一見すると、
控え目な印象なのですが、
少しずつ、少しずつ
心にじわじわと伝わってくるのです。

そして、多くの気付きを与えてくれます。

 

この美しさが
少しずつでも広がり、
一つになっていくことを祈って。

 

当たり前でない一日に感謝して。

 

 

次回で最後です!

 

 

写真提供(一部):絵絞庵
英訳:テーガン・ムート


 

Thank you for visiting the Kyoto Kimono Ichiba blog.
This is Suzuki.

The season of gentle warm sunshine, as opposed to the hot summer sun, has finally arrived.

Anyway, this time I will explain more about Eshiborianne’s workshop!

Tsujigahana.
The illusionary tie-dyeing technique that flourished in the Momoyama period (1573-1600) before vanishing.

Hirotoshi Fukumura studied the technique of Tsujigahana as an apprentice under the late Kensuke Ogura for 10 years, before becoming independent.
Thereafter he started creating pieces alongside his son, Takeshi.

 

Click the link to read the previous blog.

‘creating a piece from start to finish is one of the true pleasures’

‘the number of people working on the piece is limited. Lots of interesting things are possible’

With an excited expression, Mr Fukumura explains this to me.

First of all is creating the design.

The flowers growing near the workshop often become motifs. According to Mr Fukumura inspiration suddenly springs up .

The process of creating goes as follows:
•draft
•sketching the pattern on the cloth
‘the rough sketch is the life of the creation!’
The sketch is edited so many times before the final shape is set, that there are left over marks on the fabric.

•stitching the design

The thread is sewn following the sketched pattern.
If you look at a finished piece, you can see the left over needle holes in the fabric.

☆by the way the creation in the top left photo is one that’s actually mid-production. It’s exciting to think about what it will look like upon completion.

•tie up the fabric→•soaking the fabric in the dye.

•photo of the dyes used
(These ones are used in the tie-dyeing workshops)

The water used is brought up from the well on the premises.

Tie up the cloth – soak in the fabric dye. This process is repeated for each colour used.

 

•untie the fabric. ※this is a necktie that they currently make.

In the process of cutting the small threads to release the fabric.

‘it really is very detailed work’ says Mr Fukumura as he dons a pair of high prescription glasses to continue to work.

•steaming→•rinse with water→•stretching the fabric to fix the shape.
•adding in details with ink

Because every pattern is expressed through tie-dyeing, soft lines are produced, not harsh lines.

Surpassing fashion, mixing different things in a delicate balance creates a certain beauty.

Strangely, seeing the process the second time was more fascinating than the first time.

The more you see it, the clearer the appeal becomes.
The more you know, the wider the world becomes.

Upon first glance, Tsujigahana gives off a simple impression, but bit by bit it slowly creeps into your heart.

It also makes you become aware of a few things.

I believe that this beautiful art form will spread and become more well known.

Next blog will be the last in this series!

Photos: Eshiborianne
English translation: Tegan Moot

 

 

The following two tabs change content below.
鈴木幸枝「伝統の美」

鈴木幸枝「伝統の美」

鈴木幸枝「伝統の美」

最新記事 by 鈴木幸枝「伝統の美」 (全て見る)