【絵絞庵】幻の染め「辻が花」―③ /【Eshiborianne(絵絞庵)】Illusionary Tsujigahana -Part 3

いつもありがとうございます。
鈴木幸枝です。

金木犀の香りがふわりと心地よい時節となりました。

 

 

↑本日の朝の稲穂

朝露の清らかさ。
お着物の柄にある<露芝>を連想させます。

日常にある自然の美しさを
お柄に込めた日本人の豊かな感性。

とても学ぶものがあるなと感じます。

 

さて!
本日は、テーガン・ムート(当社のイギリス人の社員)による
絞り染めへの想いをお伝えいたします!

前回の投稿はこちらより

https://blog.kimonoichiba.com/%e4%ba%ac%e9%83%bd%e3%81%8d%e3%82%82%e3%81%ae%e5%b8%82%e5%a0%b4/17953/

絞りへの愛情が
とてもよく心に伝わってくる内容だなと思います。

最後までご覧くださいませ。

————————————–

こんにちは!
「伝統の美」元アシスタントのテーガンでございます。

 

このイギリス人の私がよく思うのは、

「できるだけ多くの人々にその素晴らしい、
芸術のような絞り染の美しさを知ってもらいたい!」

 

私と着物の繋がり…

12年前、
クリスマスプレゼントとして父からビンテージ着物をもらったのが始まりです。

 

イギリスに着付け教室がないので、ネットで調べて、動画をみて、
着付けを独学で勉強しました!

 

↑初着付け写真

 

着物について学べば学ぶほど、その深みに感銘を受けました。

 

すべての色、柄、飾り。
すべてにはそこに存在する理由があって…

 

辻が花―。
1つの着物に出会ってから私は辻が花、
あらゆる形の絞染めの大ファンでした!

 

この辻が花と呼ばれる技法は日本にしか存在しないものです。

 

一般なイギリス人が思う絞り染は、
日本の絞り染に対してより簡単なものです。


(イギリス人が思う簡単な絞り染め写真)

 

絞り染めに日本の文化や国民性が染み込んでいると、
本当に信じています!

日本人に誇りに思ってほしいです!

 

「絞り染が好きじゃない」と言う人もいますが…

そういう人はおそらく本当に素晴らしい絞り染めの作品に出会っていない!

 

その美しさをすべての人に納得させることは
私の個人的な使命だと誓う!!!(笑)

 

↑工房体験

 

誰かが絞り染めのことを「地味」や「渋い」と呼んだときに
私の中に少し涙が湧いて…

 

なぜ好きなのかを考え込んで、私の答えを見つけました!

抽象。想像。幻。夢。 
有るような、無いような…

 

友禅染では、染料を塗った瞬間に、具体的な輪郭が存在します。

 

しかし、絞り染めでは、その場所に線を作ることを計画していても、
その線がどうなるかを確保することはできませんし、
少しぼやかした線が出ます。

架空の世界と明確な現実の間です。

 

その曖昧さがあるからこそ、
ぞれぞれの作品がそれぞれの違う風合いを持ちます。

それはとてもお楽しみです!  

わくわくさせる絞り染の素晴らしさ!

私にとってそこが辻が花の本当の魅力です!

————————————–

次回からは【絵絞庵】さんをご紹介いたします。

↑ 宇宙。絵絞庵さんにて。

台風が近づいておりますので、
お気をつけてお過ごしくださいませ。

 

写真提供:絵絞庵(一部)
英語訳:テーガン・ムート

**************************************

Thank you for visiting the Kyoto Kimono Ichiba blog.

This is Suzuki, web shop assistant of ‘Dento no bi’.

The season where the fragrant smell of the osmathus tree lingers pleasantly in the air has arrived.

The clear dew on the rice husks in the morning reminds me of the dew patterns found on kimono.

The patterns filled with the beauty of nature comes from the Japanese sensitivity to the natural world around them.

I feel like there is something to be learned from that sensitivity.

Right!
Today I will introduce former ‘Dento no bi’ web shop assistant, Tegan’s passionate feelings towards Japanese tie-dyeing!

Click here for last week’s blog!

https://blog.kimonoichiba.com/%e4%ba%ac%e9%83%bd%e3%81%8d%e3%82%82%e3%81%ae%e5%b8%82%e5%a0%b4/17953/

The charm of tie-dyeing comes across straight to the heart in this piece.

Please read it to the end.

————————————–

Hello!

This is Tegan, former web shop assistant of ‘Dento no bi’.

Something I think often as an English person in Japan, is that I want many people to know the wonders of Japanese tie-dyeing!!

12 years ago I received my first kimono as a Christmas present, which lead me into the world of kimono.

I learned how to put on kimono by searching on the internet and watching YouTube videos!

The more I learned, the more kimono left a big impact on me.

Every colour, every pattern, every decoration. Everything has a reason for existing on that kimono…

Tsujigahana.
After coming across a certain kimono I became a big fan of Tsujigahana!

Tsujigahana is a type of tie-dyeing technique that is unique to Japan.

I think when British people tend to think of tie-dyeing, they tend to think of a more simplistic form of tie-dyeing.

I believe that tie-dyeing in Japan has been influenced by the local culture and national character!

I want Japanese people to feel proud of that!

There are people out there who dont like tie-dyeing, but those people likely just haven’t met a truely superb piece of tie-dyeing!

I swear that convincing people of the inherent beauty of tie-dyeing is something of a personal calling haha!

Every time I hear someone call tie-dyeing plain and simple, I cry a little inside…

I was once asked by another assistant why I liked Tsujigahana. I thought about it and came up with my answer!

Abstract. Imagination. Illusionary. Dream.

It’s both there, and at the same time not there…

With other dyeing techniques, once you paint a line, you have a solid line.

But with tie-dyeing, even if you plan for a line to be there, you cannot guarantee the line will be where you want it, and it’s also a very ambiguous line.

Being able to express a solid design with such an ambiguous technique…

It’s a mix of reality and imaginary.

Precisely because of that ambiguity, each and every creation has a unique character.

It’s something quite fun to experience!

The thrilling magnificence of tie-dyeing!

To me that’s the true appeal of Tsujigahana!

————————————–

In the next blog I will introduce the Eshiborianne work shop in more detail.

There is currently a typhoon heading towards Kyoto, so I hope everyone stays safe!

Illusionary Tsujigahana – Photos: Eshiborianne
English translation: Tegan Moot

The following two tabs change content below.
鈴木幸枝「伝統の美」

鈴木幸枝「伝統の美」