着物と帯のコーディネート『シャレもんは自由―微妙な季節の変わり目』の装い

いつもありがとうございます。
「伝統の美」アシスタントの牧野でございます。

暑さ寒さも彼岸まで。
冬の寒さ(余寒)は春分頃まで、
夏の暑さ(残暑)は秋分頃までには和らぎ…
凌ぎやすくなるという意味の日本の慣用句。

然し乍ら、今日日
『暑さはそこはかとなくいつまでも。』
の状態でございますので、お着物の衣替えのタイミングも
慣例に則っての時節にあわせますと無理が通ること間違いなし。

着るものは、見た目も重要ですが
過ごしやすいこと、特に体に負担にならないものを
さらっと着ていたいものです。

もちろん、お着物のTPOをしっかりと守らねばならない
格式あるお席や、約束事のあるお席には該当しませんが、
シャレもん、普段着は柔軟にコーディネート、ご着用いただきたい。

故に、すでに9月の単衣の時期は過ぎ去りましたが、
まだまだ暑いような…秋なのに、残暑…を若干感じますので
使い勝手よき御召の単衣でコーディネートをいたしました。
(余談ではございますが、特に私共のように
お着物をご紹介させていただく立場のものは
せっせと動きますので、単衣を年中着用して
過ごしやすさ、機動力重視のものもおります。)

『お洒落は我慢も必要!』と
若かりし頃に先達に教えられましたが、
ただただ苦行にしかならない場合もございますので、
是非自分を甘やかすこともなさってくださいませ。

—————————————————————————-

≪コーディネート≫

肌にここちよく。
着るものであるからこそ、動きやすく。

https://www.kimonoichiba.com/products/detail.php?k_pid=1224983

—————————————————————————-

≪着物≫

【染織工房 葵屋】特選西陣御召~紹巴御召~【仕・新古品】「北斎麻の葉」

https://www.kimonoichiba.com/products/detail.php?k_pid=1221815

—————————————————————————-

≪帯≫

【知念紅型工房 知念積元】本場琉球紅型紬地九寸帯【中古美品】

https://www.kimonoichiba.com/products/detail.php?k_pid=1224708

どうぞセットでお値打ちにお求めくださいませ。

それでは、また次回の「本日のコーデ」をお楽しみに!!

—————————————————————————-

バイヤー瀧本が仕入れた全商品、「伝統の美」のコーナーはこちらより↓↓↓

PCの方はこちら→ https://www.kimonoichiba.com/products/list.php?kan_id=10

スマートフォンの方はこちら→https://www.kimonoichiba.com/sp/app/contents/product/list/5/takimoto.a/