【絵絞庵】幻の染め「辻が花」―② /【Eshiborianne(絵絞庵)】Illusionary Tsujigahana -Part 2

 

いつもありがとうございます。
【伝統の美】アシスタントの鈴木です。

秋の花が緑にいろどりを添え…

少しずつ、少しずつ、
季節が移り変わりゆく姿は、
多くの気づきを教えてくれます。

前回の投稿で、本当に嬉しいお言葉をいただき、
そのお気持ちの一つ一つが力となっています。心から感謝いたします。

 

さて、前回に続きまして、2回目の投稿です。

☆1回目の投稿はこちら↓

https://blog.kimonoichiba.com/%e4%ba%ac%e9%83%bd%e3%81%8d%e3%82%82%e3%81%ae%e5%b8%82%e5%a0%b4/17746/

 

きもの市場には、
【テーガン・ムート】というイギリス人の女性社員がおります。

以前はわたくしと同じ、【伝統の美】のアシスタントをしていたのですが、
現在は、商品部という、とても重要な裏方の部署でお仕事をしております。

 

日本の着物を心から愛し、
「世界に着物を伝えたい!」という強い想いを持って、
遠く離れたイギリスから日本にきてくれています。

(実は、彼女の他にも、台湾と中国からきた社員もおります)

イギリスでも呉服の仕事をしており、
普段から着物を着ていた程。

着付けも本当に上手。感嘆します。

 

    

↑ イギリスにいた頃の鏡なしでの着付けだそうです(15歳の頃)

 

故郷を離れ、 国境を越え、
たった一人で全く文化の違う日本で、
共に仕事をしてくれていることが、
本当にうれしく、心溢れるものがあります。

 

そんな彼女が、
日本へ留学にきた際、
工房体験を通して絵絞庵さんと出会い、
この度の縁をつなげてくれました。

 

「辻が花を本当に愛してる~!」といつも言葉にするほど。
辻が花といったらテーガン!とチーム全員が認めるほどです。

↑テレビ出演した際の写真(留学生時代)

 

彼女自身、辻が花に魅せられ、
【絵絞庵】さんの着物を自分で購入し、
着用しております。

安いものでは決してありません。

それは、心で真の美しさを感じたからこそなのだと思います。

 

実は、半年前、
彼女自身がこのブログを通して絞りの魅力を発信できないかと、
一から自身で文章を考え、進めていました。
彼女にとって大きな【挑戦】でした。

 

日本語の問題や、
アシスタントとしての仕事の兼ね合い…
失敗をしながら、悔し涙を何度も…。

 

結局は一旦中止となり、
そのまま部署が移動に…

 

これほどまでに、
辻が花を、絵絞庵さんをを心から愛する彼女の想いを

やはりなんとか形にできないかと、
この度紹介をさせていただくことが叶いました。

少しでも関わりたいと、
前回から英語訳をしてくれているのも彼女です。

 

日本をここまでも愛してくれている、
私はその想いをもっと多くの方々に、
多くの日本の方々に知っていただきたいと思うのです。

 

一つのことに真剣に向き合えば、向き合う程、
自分の嫌な部分や認めたくない部分が見えてきます。

その部分ときちんと向き合い、
執着を手放し、認める努力が必要なのだと思います。

そこには多くの学びや、成長、美しさがあります。

 

 

着物の世界におりますと、
「美しい」という言葉をよく使います。

美しいとは何か。
日々問い続けていくべき言葉のように思います。

少々話がそれてしまいましたが、

次回は、
彼女自身が書いたブログをご紹介させてください!

とても素晴らしい内容ですので、
是非ご覧いただきたく思います。

 

まだまだな私たちではありますが、
微力かもしれませんが、
たくさんの想いがつまった美しきものたちが、

わたくしたちを通して、
その素晴らしさや心が伝わっていきますように願っております。

京都きもの市場
鈴木幸枝

写真提供:絵絞庵(一部)
英語訳:テーガン・ムート

 


Thank you for visiting Kyoto Kimono Ichiba’s blog.

This is Suzuki, web shop assistant of ‘Dento no bi’.

The cries of circadas have changed into the sounds of autumnal insects before we knew it and autumn plants have begun to appear in the green grass…

Slowly, bit by bit, the transition of the seasons is becoming more noticeable.

We received some really positive comments on last week’s blog which really motivated us, and we feel filled with gratitude for those words.

Right, continuing on from last week, here is Part 2.

Here’s the link to last week’s blog!

https://blog.kimonoichiba.com/%e4%ba%ac%e9%83%bd%e3%81%8d%e3%82%82%e3%81%ae%e5%b8%82%e5%a0%b4/17746/

At Kyoto Kimono Ichiba, there’s an English lady who works here called Tegan Moot.

Previously she worked as an assistant for Dento no bi alongside me, but she currently works in the Product Management department, doing all sorts of important behind-the-scene work.

Filled with a love for Japan, and the strong desire to spread authentic kimono across the world, she came all the way from England to Japan.

(Actually, aside from her, there’s also Chinese and Taiwanese staff working at Kyoto Kimono Ichiba too!)
Even when she lived in the UK, she worked with kimono, and often wore them regularly.

She’s actually really skilled at putting on kimono. It’s impressive!

The fact she left her home country behind to come alone to an entirely different culture makes me feel so pleased to work alongside side her.

Tegan first came across Eshiborianne on her year abroad during university, and from there a relationship was formed.

She became a huge fan of Tsujigahana, to the point she can often be heard saying “I LOVE Tsujigahana!!”
In fact, all of our team came to associate Tsujigahana with Tegan!

In particular she loves Eshiborian’s Tsujigahana and she even bought one of their kimono.

It was definitely not a cheap price tag. You would probably be surprised hearing the price. But I believe she felt the true beauty of it and understood the value of the said kimono.

Actually 6 months ago she wondered whether she could convey the wonder of Tsujigahana and Japanese tie-dye through this staff blog and began to write up a draft written in Japanese.

However, it turned out to be one of her biggest challenges.

Struggling with Japanese language, and balancing her normal workload on top of that…
Crying many tears of frustration at her failures and inability to succeed…

In the end, the project didnt come to fruition, and she moved departments shortly afterwards….

At that point, I wondered if there wasnt a way to convey her strong love towards Eshiborianne and Tsujigahana,
and so in her place I decided to help bring this introduction to Eshiborianne to you.

The last blog was translated into English by Tegan, who wanted to be involved I even the smallest way with the introduction.

I wanted many people, many Japanese people to know just how much she loves Japan.

The more you focus intently on one thing, the more you become aware of your bad qualities and the parts of you you dont want to accept. I believe it requires effort to face up to those parts and detach yourself from them.

Once you do, there are many valuable lessons learned that are key to growth, and that is a beautiful thing.
In the kimono world the word beautiful is often used.

But what is beautiful?
I think it’s something we ought to keep questioning.

I went a bit off topic, but for the next blog, let me introduce you to the blog that Tegan originally wrote.

The contents are really superb, so I’d love for you to read it.

We may not be perfect and we may lack in our writing here and there, but I hope that through the words we write the splendour of these beautiful kimono is conveyed to you all.

Kyoto Kimono Ichiba
Suzuki Sachie

Illusionary Tsujigahana – Photos: Eshiborianne
English translation: Tegan Moot