【絵絞庵】幻の染め「辻が花」―① /【Eshiborianne(絵絞庵)】Illusionary Tsujigahana -Part 1

いつもありがとうございます。
【伝統の美】アシスタントの鈴木です。

収穫の時期を向かえ、日々季節のうつろいを感じます。

本日は、 辻が花染め工房【絵絞庵(えしぼりあん)】 さんのご紹介です。

 

やわらかな風の心地よい感触と香り、
鳥や虫の声、
清く流れる川の音…

 

【絵絞庵】は、比叡山が一望できる、緑溢れる豊かな場所にあります。

京都左京区にある三宅八幡宮の近くに、
ひっそり佇む静かな工房。

 

その玄関をくぐると、
福村氏ご家族が、笑顔であたたかく迎えてくださいました。

 

 

幻の染め「辻が花」―

【絵絞庵】は、福村廣利氏(日本工芸会正会員)・健氏、の父子でなさっている工房です。
「辻が花」の美しさに魅せられ、
幻の染めを現代の形にアレンジし、
下絵から完成までの工程を工房で一貫して制作をなさっております。

 

作品の一つ一つからは、
お二人のお人柄が本当に滲み出ており、
時間をかけて、丁寧に、
心を込めておつくりになっていることが、
語らずとも伝わってまいりました。

 

 

そんな我が子のように大切に制作された作品たちを、
この度、京都きもの市場でご紹介をさせていただくことが叶いました。

 

ここに行きつくまでに、半年以上かかりました。
(詳しくは次回に…)

実は、今回のご紹介は、
イギリスからやってきた女性社員が
繋げてくれたご縁なのです。

想いのこもったご縁を大切にし、
この繋がりが広がっていくように、
心を込めて皆さまへお伝えいたします。

 

少しずつではありますが、
【絵絞庵】さんの作品や福村氏について、
ご紹介してまいりますので、
引き続きご覧いただけますと幸いです。

次回は、このご縁をつなげてくれたイギリスからやってきた彼女の事を
ご紹介いたします。

出会いに感謝して。

 

写真提供:絵絞庵
英語訳:テーガン・ムート


Thank you for visiting Kyoto Kimono Ichiba’s blog!

This is Suzuki, web shop assistant of ‘Dento no bi’.

As we head into the harvest period, the change of seasons is in the air.

The workshop I’d like to introduce you to today is Eshiborianne.

The soft touch of a gentle breeze, the chirping of birds, the sound of clear running water…

Eshiborianne is located amongst the greenery of north Kyoto with a direct view to the famous Hieizan mountains.

A quiet, little workshop tucked away near the well-known Miyake Hachimangu shrine.

As you pass through the entrance way to the workshop, you are greeted by the warm smiles of Mr Fukumura and his family.

 

Illusionary Tsujigahana –

Eshiborianne is a family-run workshop run by Mr Fukumura and his son, Takeshi, focusing on a modern take on a traditional tie-dyeing technique called Tsujigahana; everything is done in the workshop by the father-son duo, from the draft to through to the completion of the kimono.

The personality of the two, and the hours of love and labour poured into creation is clear to see in each product without any words needed.

This time we are able to introduce to you creations made with the love one would give their own precious child.

It took over half a year to be able to bring this introduction to you (details to come in the next blog). By the way, we were able to make this introduction today thanks to a female colleauge who put us in touch with Eshiborianne through her personal connection to the Fukumura family.

Treasuring the emotion-filled bonds, and hoping that such bonds will spread to others, we will put our heart and soul into telling you about Mr Fukumura and Eshiborianne’s creations!

It will be spread over a few blogs, so we hope you will read the following blogs as well!

Next time I will introduce the English colleague, who helped bring this opportunity to fruition.

Be grateful to the many encounters you have, and I hope you have a brilliant day!

Illusionary Tsujigahana – Photos: Eshiborianne
English translation: Tegan Moot