着物と帯のコーディネート『色の濃淡―足し算でメリハリ』の装い

いつもありがとうございます。
「伝統の美」アシスタントの牧野でございます。

視覚的に人を惹きつけるもの。

コントラストが強いものほど印象に残る道理。

洋服もそう…だとは思いますが、
全体に濃く、鮮明な色のものを合わせていくと
どうしても『!!?』と、目に飛び込んで参ります。

ただ、不思議な事に、お着物のお色合わせは
強い色でさえも、うまく調和が取れれば
あら不思議、センスの感じられる個性の装いに。

特に…
今回ご紹介の帯屋捨松が創作する帯たちのお色使いは、
バランスが取れねば野暮になりかねない
攻めの色使い。

ですが、これぞ捨松、これこそ捨松の…
ファンの気持ちをぎゅっと掴んではなさない
流石の色彩感覚。

この色使いがコーディネートの肝となって
ぴったり、着姿のピースがそろった時の爽快感。
御召いただくシーンがすらすらと頭に描きだせる、
わくわく感。

帯の鮮やかさを活かすために、お着物は同色でも
優彩のトーンで胴回りがスッキリするように。

お目にとまりましたら是非ごらんくださいませ!

—————————————————————————-

≪コーディネート≫

いろ、色、彩り―
好む、好まざるあれど、組み合わさって
また一つ。

https://www.kimonoichiba.com/products/detail.php?k_pid=1221341

—————————————————————————-

≪着物≫

【本場縞大島】特選正絹着尺「浅緑縞」≪素敵な色柄!≫

https://www.kimonoichiba.com/products/detail.php?k_pid=1203492

—————————————————————————-

≪帯≫

【帯屋捨松】特選西陣九寸名古屋帯「幾何モール文」

https://www.kimonoichiba.com/products/detail.php?k_pid=1218817

どうぞセットでお値打ちにお求めくださいませ。

それでは、また次回の「本日のコーデ」をお楽しみに!!

—————————————————————————-

バイヤー瀧本が仕入れた全商品、「伝統の美」のコーナーはこちらより↓↓↓

PCの方はこちら→ https://www.kimonoichiba.com/products/list.php?kan_id=10

スマートフォンの方はこちら→https://www.kimonoichiba.com/sp/app/contents/product/list/5/takimoto.a/