着物と帯のコーディネート【ノスタルジーな秋単衣のお出かけ。編】

 

いつも京都きもの市場のブログをご覧くださり誠にありがとうございます。

「伝統の美」アシスタントの三上でございます。

 

だんだんと夏らしくなってきましたね。

雨ばかりの日々から打って変わって、猛暑が続いておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか。

室内との気温差で体調を崩してしまわないように、お身体ご自愛くださいませ。

 

さて、今回は涼し気な秋の季節に思いを馳せて、単衣の装いをご提案です!

ぜひともごゆるりと、ご覧くださいませ。

 


【決算セール】 (仕)特選柿渋染紬着物  ~泉駒生布~ &

【宮階織物 宮繍苑里葉】(仕) 特選すくい織手織紬九寸名古屋帯

https://www.kimonoichiba.com/products/detail.php?k_pid=1210474


◎【決算プレミアムアウトレット】 特選柿渋染紬着物 【仕・中古美品】

~泉駒生布~「無地・濃亜麻色」 身丈158.5 裄64.5

独特のハリと素材感。
生紬を思わせる…自然な魅力にあふれた
別注の紬着物。

https://www.kimonoichiba.com/products/detail.php?k_pid=1203378


●【決算セール】 ★限界最終価格! ◎【宮階織物 宮繍苑里葉】 特選すくい織紬九寸名古屋帯 【仕・中古美品】 手織 「平目(ヒラメ)」 ≪素材で遊ぶ表情美!≫

享保の時代より、延々と続く染と織りの名門【 宮繍苑 】。
その八代目にあたる女流作家里葉は、染織の歌人とも呼ばれています。

https://www.kimonoichiba.com/products/detail.php?k_pid=1138393


 

夏は夏のお着物を楽しんで、秋は秋の装いを…

季節ごとのそれぞれの美しさを体感できるのはお着物の醍醐味かと存じます。

ぜひともお着物と共に変わる季節の移り目、そして、

季節と共に衣替えする京都きもの市場サイトもお楽しみいただけますと幸いでございます。

 

それでは、また次回の「本日のコーデ」でお会いしましょう!

 

———————————————————————————

バイヤー瀧本が仕入れた全商品、「伝統の美」のコーナーはこちらより↓↓↓

PCの方はこちら→https://www.kimonoichiba.com/products/list.php?kan_id=10

スマートフォンの方はこちら→https://www.kimonoichiba.com/sp/app/contents/product/list/5/takimoto.a/

———————————————————————————