コーディネートのお勉強会「モデル撮影編②礼装」…と祇園祭がはじまります。

いかがお過ごしでしょうか。
京都店実店舗 今井でございます。

暑さと夕立ちが夏の訪れを感じさせてくれます。
気付けば月も変わり暦も文月…京都では「祇園祭」がはじまりを迎えました。
(↑実は7月中はずっと祇園祭です。知ったときは自身も少し戸惑いましたが…)

1日の「吉符入」(神事はじめの打ち合わせ)から31日の「疫神社夏越祭」まで…

「宵山」や「山鉾巡行」はもちろんメインでございますが、
京の三大祭として名高い「祇園祭」ですが、京都に住んでいても結構知らないことも多い…

というのこともあり、「京都きもの市場 祇園祭展示会」にあわせて、
偶然にも大庄弥さかのご当主よりご紹介いただけた
「祇園祭山鉾連合会 顧問 深見 茂 氏」の講演イベントを入れさせていただきました。
(↑とても多くのご予約をいただき現在キャンセル待ちです…)

…そんな展示会の諸々の準備も、そろそろ佳境を迎えつつあります。
日の並びもとてもよく、混雑が予想される日程、時間帯も出てまいりました。
(全国各地からたくさんのご予約、ご来場予定、本当にありがとうございます!)

ご予約がまだの方は、どうぞお早めに…
今年の夏のご予定のひとつに加えていただければ幸いでございます。

▼祇園祭展示会のご予約・詳細はコチラから…
https://www.kimonoichiba.com/user_data/tenjikai/?e=201807gion

さて本題でございますが、先週に引き続きまして「モデル撮影編」の第2弾。
フォーマルの着姿をご紹介させていただきます。

【トップ画像】
きものは西原の京友禅付け下げ、帯は鈴木の西陣織袋帯。
(コチラのきものは、前回に引き続き帯を変更してみました。)

地色の綺麗さを崩さないように白の帯。かわいらしさのある意匠の組み合わせで。


△きものは吉澤の友禅の十日町友禅付け下げ、帯は西村織物の博多織佐賀錦袋帯

明るさのなかに、上品さを意識。


△きものは吉川染匠の京友禅訪問着、誉田屋源兵衛の袋帯

印象的な訪問着をあわせた織の存在感がある帯…
互いの個性の強さを活かすように。


△きものは菱健の京友禅訪問着に、帯は佐竹孝機業店の西陣織袋帯

比較的、正統派なコーディネートです。
(↑実は帯締めと帯揚げ選びに一番、難儀しました…)

以上、訪問着・付下げでございました。
礼装でこれだけ自由な選択肢があると、イメージが沸きすぎて、
手前勝手に「どういうシーンでご着用するのに適しているか」を作って選んだりすることもございます。

礼装はコーディネートの際には気を使ってしまいます。
ご着用される際に、その席とは場違いだったりしてしまわないように…と。
いろんな着用機会があることと思われますが、
ひとつひとつしっかりとご相談させていただき、最適なご提案が出来るように日々心掛けたく思っております。

掲載のコーディネートは、どうぞご参考までに…

次週は、東京新宿の展示会もございます。
こちらも多数のご予約頂戴いたしております。
お時間見つけられましたら、ご予約のうえご来場くださいませ。

▼京王プラザホテル「染織まつりin東京新宿 展示会」のご予約・詳細はコチラから…
https://www.kimonoichiba.com/user_data/tenjikai/?e=/201807tengai_ginza

京都も、東京も、福岡も、大阪も、名古屋も、
皆さまのご来場、ご来店を心よりお待ち申し上げております。
小物ひとつから、ちょっとしたご相談までどうぞお気軽に…

それでは、次週もどうぞよろしくお願いいたします。

3 件のコメント

  • 今井店長様、またまた、素敵な着てみたいコーデです。3点とも、個性化は違っても品格、優雅、 エレガントです。
     着て見たい!参考になります。見るだけはいろいれ挑戦したいです。次に、さわらせてもらい、じっくり拝見。いいお手本参考になります。

    • 中島 真知子さま

      コメントありがとうございます。
      お目に留めていただけると、少しホッとします。
      正直なところ自分の感覚重視で選んでいる傾向が強く、いつも「本当に大丈夫かな…」と思いながら掲載している次第です。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

      京都きもの市場 今井 大

  • 今井さま

    菱健さんの訪問着。帯揚げ帯締めがとっても素敵ですよ。
    染め匠さんが、京友禅の古典柄が現代の社交場にも映える様にと、柄付けや色差しにこだわっておられる心意気を感じます。
    日頃は職場でスーツを完璧に着こなしておられるキャリアウーマンも、思わずハートを奪われるかも。
    やっぱり京都は、美のポテンシャルが高いなと、最近つくづく思います。
    毎週、『今井好み』の発信を楽しみにしています。お忙しい中大変でしょうが、御自愛の上、お気張りになって下さい。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です